トップへ » 当院が選ばれる理由 » 歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは

「歯肉が腫れて痛い」「歯ブラシをしたときに歯肉から血が出る」「歯がグラグラして、前歯にすき間が空いてしまった」といった症状が出る場合、まず歯周病を疑ってください。このページでは歯周病とその治療方法についてご説明します。

歯周病は歯をささえる骨や歯肉の病気です。たとえば家を想像してみてください。家も土台が悪いとぐらぐらして、ついには倒れてしまうでしょう?このメカニズムは歯周病も同じです。歯周病は、歯の土台である歯槽骨がだんだん無くなっていき、ついには歯が抜けてしまう怖い病気です。

歯垢が石灰化し歯石になると、歯と歯肉の付着部分に炎症が起こり、隙間(歯周ポケット)ができます。炎症が歯肉内部に進むと、歯根膜や歯槽骨が破壊されて歯を固定する力が弱まり、放っておくと最終的に歯を失います。

近年の厚生労働省の調査では、成人の約7割が歯周病にかかっているという結果が報告されています。歯周病の症状は、最初はこれといった症状はほとんどなく、末期に近くなって症状が現れ既に手遅れの場合がほとんどです。

当院の歯周病治療

当院の歯周病治療歯周病は進行の程度によっては抜歯となってしまう場合があります。当院では縁下歯石の除去、TBIをおこなった上で、できるだけ歯を抜かないように努力しています。

また、歯周治療には時間がかかります。長期的になることを理解していただいた上で治療を始めるようにしてます。

外科手術を伴う歯周病治療

歯肉切除
歯肉が腫れあがっている場合、歯周病が悪化しないようにこの不要な部分の歯肉を切除し、安定させます。比較的簡単な手術で、短時間でおこなうことができます。

ポケット掻爬
歯肉に麻酔をして、歯周ポケットの中の不良肉芽の清掃する手術です。歯周ポケットの深さが3〜5mm程度の比較的軽症の場合に行います。

フラップ手術
歯肉(歯肉)を切開して歯槽骨から剥離し、露出した歯根のプラークや歯石の除去、およびダメージを受けた歯肉などの組織を除去して歯肉を健全な状態に戻します。

関連ページリンク

当院が選ばれる理由
口腔外科一般歯科(虫歯治療)小児歯科歯周病治療インプラント
予防歯科(クリーニング)審美歯科ホワイトニング顎関節症
患者さんの声よくあるご質問料金表医療費控除

院長あいさつ
酒向家の歴史スタッフ紹介初めての方へ院内ツアー
スタッフ募集アクセス・診療時間診療日カレンダープライバシーポリシー

ぜひ一度ご相談ください

ぜひ一度ご相談ください

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 歯周病治療