トップへ » 院長あいさつ » 初めての方へ » CR充填の危険性について

CR充填の危険性について

白いつめものは一見、見栄えが良くて早くなおりますが、隣接面にかかるCR充填はとても危険です。

CRとは樹脂によるオールプラスチックで汚れが付きやすく、また、歯と同じ色をしているため隣接面での充填が十分に行われているのか確認が困難です。そのために、二次カリエスになるケースが非常に多く、重傷化していることが多いといえます。

臼歯部の隣接面にかかる虫歯は、歯形をとって口腔外で歯にあったつめものを作製する必要があります。保険であれば銀歯ですが、白い歯はセラミックを含んだ材料で治すことを勧めさせてもらっています。できるだけ長く治した歯を健康な状態を維持させる素材、治療法をお勧めしていますのでご理解ください。
 


トップへ » 院長あいさつ » 初めての方へ » CR充填の危険性について