トップへ » 院長あいさつ » 初めての方へ » 歯科治療恐怖症の方、痛がり、怖がりの方、急患の方(痛みを取りたい)へ

歯科治療恐怖症の方、痛がり、怖がりの方、急患の方(痛みを取りたい)へ

院内風景時間をかけて少しずつ慣れてから、無理なく治療をします。できるだけストレスをかけないように配慮しています。

現在も4、5人の恐怖症やパニック障害の人が来ています。一度、パニック障害の人が手術中に発作があり、近くの連携している内科の医師に往診してもらったこともあるため、医科との連携もスムーズにおこなうことができます。聖路加国際病院に常勤でいたころからの患者さんもいらっしゃっています。


トップへ » 院長あいさつ » 初めての方へ » 歯科治療恐怖症の方、痛がり、怖がりの方、急患の方(痛みを取りたい)へ