インプラント

インプラントとは

インプラント治療とは、これまで入れ歯やブリッジでしか対応の出来なかった歯を失った部分に、天然歯の根の部分の代わりをする人工歯根を入れて、再び噛む機能を回復させる治療のことです。入れ歯で噛む事が難しかったものが、噛めるようになります。

インプラント治療は、お口の中の機能回復と自然な審美性を追及した新しい治療法です。

当院のインプラント治療の特徴
インプラント治療のメリット、デメリット
インプラント治療の流れ
インプラント手術の手順
インプラントQ&A

当院のインプラント治療の特徴

慎重な説明

まずは虫歯と歯周状態の改善から行い、欠損部の修復について説明する中で、インプラントの選択肢もあることを説明、興味がある方はさらに模型を使って詳しく説明します。患者さんには虫歯治療をしている間に考えていただいています。

歯周病で歯を失った部位については慎重な説明を心がけています。単純に義歯が嫌だからという理由だけでインプラントを希望されるのは本来は違うかもしれません。骨のないところには基本的にはインプラントはできませんから。できない場合ははっきりとできないと申し上げます。

CT撮影

当院ではCT撮影は必須です。CTを撮れないという方はお断りしています。CT撮影をすることで、確実なインプラント治療の計画をたてることができ、だめになるようなインプラントの埋入を避けることができます。

当院では特にインプラントの保証期間を決めていませんが、こうしたCT撮影を導入することにより、今のところ1本もインプラントの脱離はありません。

痛みの少ない手術

インプラントの手術は痛いですか?とよく聞かれますが、当院では手術中に疼痛を訴える方は皆無です。ご安心ください。

インプラント治療のメリット、デメリット

<メリット>

  • 自分の歯と同じように噛む事ができますので、違和感がありません。
  • 健康な隣の歯を、削ったりするような処置が必要ありません。
  • 見た目も自然で、人前で口元を気にせず食事やおしゃべりを楽しむ事が可能です。

<デメリット>

  • 全員にできる事ではありません。顎の骨がなければインプラント治療は難しいです。
  • 高度なものになりますと大きい病院での治療となる事があります。
  • インプラントは歯槽膿漏になりやすく、煙草をすっている方はインプラントはできません。

インプラント治療の流れ

ステップ1(初診)

まずは、インプラント治療に関する相談と説明をします。

ステップ2(診査)

既往歴や健康状態に関する問診、口の中の検査、レントゲン写真や歯型の採取。

ステップ3(診断)

治療方針と撮影計画の決定と説明。

ステップ4(手術)

外科処置によって、顎の骨にインプラントを埋め込みます。
3〜6ヵ月後にインプラントに人工の歯を連結するためのパーツをとりつけます。

ステップ5(人工の歯を製作)

技工士さんがあなただけの人工の歯をカスタマイズで製作いたします。

ステップ6(人工の歯を装着、完成作)

人工の歯を装着し、完成です。

インプラント手術の手順

インプラント手術の手順奥歯が一本抜けてしまった状態です。
従来はブリッジや入れ歯での治療でしたが、それでは残っている歯に負担がかかったり傷つけたりしています。

インプラント手術の手順残っている歯のために、インプラント治療を選びました。
まず、歯が抜けてしまったところに、インプラントを植え込むためにスペースをつくります。

インプラント手術の手順インプラントを植え込むためのスペースにもともとあった、歯の形に合せたインプラントを植え込みます。

インプラント手術の手順インプラントを植え込んだら、歯肉で蓋をして約3ヵ月〜6ヵ月待ちます。
この期間を治療期間と呼び、この間にインプラントが顎の骨と一体になります。

インプラント手術の手順インプラントと顎の骨が一体になったら、インプラントに支台装置を取り付けて人工の歯をかぶせます。

インプラント手術の手順インプラントによる補綴(歯の再建)処置が完成した状態です。歯があった時と同じ感覚が回復します。残っている歯の状態もよくなります。

インプラントQ&A

Q.誰でもできるのでしょうか?

A.通常年齢的に成長期が終わってからの対象ととなります。また健康であれば年齢に特に上限はありません。糖尿病などの全身性の疾患がある方は、状況によって異なりますので、先生とよくご相談ください。尚、喫煙者の方は、禁煙を前提に治療を進めていきます。

Q.手術が嫌なのですが。

A.インプラントは専用の器具で精密に外科処置をしますので、一般的には歯を抜くよりもあとのなおりが良いです。

Q.治療が終わるまでどのくらいの期間がかかるのですか?

A.インプラントを骨に埋める処置をしてから一般的には3ヵ月〜6ヵ月待ちます。その後、人工の歯の台になる部分をインプラントに繋ぐ処置をして数週間待ってから、最終的な人工の歯がはいることになります。

Q.自分の歯のように噛めるんですか?

A.はい。インプラントは顎の骨にしっかり結合し、その上に人工の歯が連結されますので違和感がなく、ほとんど自分の歯と同じ感覚がよみがえります。

Q.インプラントの寿命は?

A.インプラントは人体との親和性に優れ、腐食しにくいチタン素材を使用していますが、治療後の清掃を怠りますと、天然の歯と同様に歯槽膿漏になり抜け落ちる事もあります。
インプラント治療を受けた方は特に口の中の衛生状態に気をつけて定期的に健診を受ける事が長持ちをさせる秘訣です。

Q.インプラント治療を受けるにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

A.インプラント治療は1本につき約30万円にて行っております。

  • 手術代/10万円
  • 人工歯根/1本10万円
  • 上部構造/1本10万円(セラミック+2万円)

酒向歯科口腔外科。歯が痛い、顎が痛い、入れ歯が合わない、歯の色が気になるなど歯やお口のお悩みはありませんか?歯の健康や治療内容に関する相談を受け付けています。東京都大田区久が原2-20-6。

電話予約