小児歯科

小児歯科

当院の小児歯科では治療を受ける前に、現状の口腔内をお母様に見てもらい実際に虫歯がどこにどれくらいあるか、特に隣接面の小さい虫歯を見ていただき理解しもらい確認してもらうようにしています。治療の途中にも状況を説明します。もちろん治療が終わっても説明して、治療をする前と後で見比べてもらい治療の結果に納得してもらうように心がけてます。
途中で治療をやめてしまう子もいるのですが、そんな時も電話をかけ治療の必要性を話し、しっかり最後まで治療を行います。

<当院の小児歯科の取り組み>

  1. 隣接面の小さな虫歯のできるだけ見逃さない様にしています。また、なぜ隣接面カリエスができやすいのか丁寧に説明します。
  2. 痛くない治療を心がけています。
  3. 嫌がる子を無理矢理押さえ込んでの治療は基本的にはしていません。何回でも通ってもらい慣れてから治療に入ります。もちろん緊急の場合は押さえることもあります。

歯医者嫌いにならないように

歯医者嫌いにならないように小児歯科では、お子さんに「恐い」などの恐怖感、不安感を与えないよう、痛くない治療を心がけ、また顔が全部見れるようにマスクをしないといった工夫をしています。治療中は、これから何を使ってどのようにするかを器具を見せながら説明しています。
治療後にもらえるケシゴム(シール)を楽しみにしているお子さんも多いようです。次も歯医者に来られるように工夫しています。

酒向歯科口腔外科。歯が痛い、顎が痛い、入れ歯が合わない、歯の色が気になるなど歯やお口のお悩みはありませんか?歯の健康や治療内容に関する相談を受け付けています。東京都大田区久が原2-20-6。

電話予約