トップへ » 当院が選ばれる理由 » 歯周病治療 » 歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは

「歯肉が腫れて痛い」「歯ブラシをしたときに歯肉から血が出る」「歯がグラグラして、前歯にすき間が空いてしまった」といった症状が出る場合、まず歯周病を疑ってください。このページでは歯周病とその治療方法についてご説明します。

歯周病は歯をささえる骨や歯肉の病気です。たとえば家を想像してみてください。家も土台が悪いとぐらぐらして、ついには倒れてしまうでしょう?このメカニズムは歯周病も同じです。歯周病は、歯の土台である歯槽骨がだんだん無くなっていき、ついには歯が抜けてしまう怖い病気です。

歯垢が石灰化し歯石になると、歯と歯肉の付着部分に炎症が起こり、隙間(歯周ポケット)ができます。炎症が歯肉内部に進むと、歯根膜や歯槽骨が破壊されて歯を固定する力が弱まり、放っておくと最終的に歯を失います。

近年の厚生労働省の調査では、成人の約7割が歯周病にかかっているという結果が報告されています。歯周病の症状は、最初はこれといった症状はほとんどなく、末期に近くなって症状が現れ既に手遅れの場合がほとんどです。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 歯周病治療 » 歯周病とは